日本の不動産と外国マネーの関係性

日本の山林や土地などは日本人が所有していると思っている人は多いのですが、最近は外国マネーが流入していることが問題となっています。その関係について考えてみましょう。まず、日本の不動産を購入するのに国籍は関係ありません。

海外企業による日本への不動産投資

海外企業が日本の不動産を買っているというニュースを聞くようになりましたが、それくらい日本の景気が良いのではないかというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

世界の不動産を動かしているのは!?

お金持ちになると不動産を買うというのはどこの世界も同じで、現在では中国の経済発展によって増えた富裕層が世界中で買っているようです。居住用ではなく投資用としてマンションやオフィスビルがターゲットとなっています。

日本の不動産と外国マネーの関係性

日本の山林や土地などは日本人が所有していると思っている人は多いのですが、最近は外国マネーが流入していることが問題となっています。その関係について考えてみましょう。

まず、日本の不動産を購入するのに国籍は関係ありません。つまり、外国マネーでも不動産を買い付けることが可能なのです。特に最近その傾向が強くなっており、このまま放置していると日本が外国人の物になってしまうと言う大変な事態になるのではないかと危惧する人も出てきています。

テレビなどでもこの問題が報道されています。ただ、これを取り締まるための法律はありませんし、外国マネーの流入を防ぐための大義名分がないのです。具体的にどのような法律を作れば、それを防ぐことができるのかわかりませんから、今の流れは続いていくと考えられています。もちろん、

為替レートの変動によって状況は変わってきます。日本の不動産を購入してもメリットがなくなればいいのです。日本人が安心して暮らせる状況は確保しなければなりません。