日本の不動産と外国マネーの関係性

日本の山林や土地などは日本人が所有していると思っている人は多いのですが、最近は外国マネーが流入していることが問題となっています。その関係について考えてみましょう。まず、日本の不動産を購入するのに国籍は関係ありません。

海外企業による日本への不動産投資

海外企業が日本の不動産を買っているというニュースを聞くようになりましたが、それくらい日本の景気が良いのではないかというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

世界の不動産を動かしているのは!?

お金持ちになると不動産を買うというのはどこの世界も同じで、現在では中国の経済発展によって増えた富裕層が世界中で買っているようです。居住用ではなく投資用としてマンションやオフィスビルがターゲットとなっています。

世界の不動産を動かしているのは!?

お金持ちになると不動産を買うというのはどこの世界も同じで、現在では中国の経済発展によって増えた富裕層が世界中で買っているようです。居住用ではなく投資用としてマンションやオフィスビルがターゲットとなっています。

日本にも外国マネーが流入していて、特にチャイナマネーが価格をつり上げていると言われています。以前は、マンションを区分所有するという形で少しずつ買っていたそうですが、最近では一棟買いで大規模に買い上げているそうです。

その理由は、利回りが良いからです。特に都心や大都市圏の中心部の物件が主な投資対象となっています。ちょうど日本がバブル景気の時に、世界中の不動産を買いあさったのと似ていると言えるでしょう。ニューヨークの有名なビルを日本の企業が買いあさったことは有名ですが、そのときの日本との違いは、ステータス性の高いものがターゲットとなっているのではなくて、収益性の高いものがターゲットになっていることです。